プッチーニが残した最も哀しく最も甘美な名作!

視聴者評価
蝶々夫人
苦境から救ってくれたアメリカ海軍士官を一途に愛した芸者蝶々さん。母国に戻った「夫」が彼女のもとに帰る日は?日本の長崎を舞台に、はかなくも強い女性の不滅の愛を感動的な音楽で描き切ったプッチーニの名作が、名監督A・ミンゲラの手で東洋美を極めた名舞台に。涙を誘う名アリア〈ある晴れた日に〉、提灯が舞う幻想的な〈愛の二重唱〉は必見。

19世紀末の長崎。駐屯しているアメリカ海軍の士官ピンカートンは、斡旋屋ゴローの仲介で芸者の蝶々さんと結婚する。だが、この結婚は契約であり、解約もできる。つまり蝶々さんは現地妻ということだ。しかし、蝶々さんは薄々それを知りつつ、ピンカートンを本気で愛してしまった。ピンカートンがアメリカに戻って3年が経った。その間に彼の子供を生んでいた蝶々さんは、ピンカートンの帰りを待ち続ける。ついにある日、ピンカートンを乗せた船が長崎に着くが…。

ジャンル 公開 製作年
音楽/アート 2020年2月7日 2019年
制作国 上映時間 映倫
アメリカ 200分

キャスト・スタッフ

指揮 ピエール・ジョルジョ・モランディ
演出 アンソニー・ミンゲラ
出演 ホイ・ヘー/ブルース・スレッジ/パウロ・ジョット/エリザベス・ドゥショング

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス

U-NEXT
U-NEXT(ユーネクスト)
月額1,990円(税抜) 無料お試し31日間
14万本以上が見放題、雑誌70誌以上が読み放題