ヌーヴェル・ヴァーグ左岸派の女性監督、アニエス・ヴァルダの初期の傑作

視聴者評価
5時から7時までのクレオ
ヌーベルバーグを代表する女性監督アニエス・バルダ初期の傑作で、ガンの診断結果を待つ若い女性歌手クレオの5時から7時までをリアルタイムで切り取った作品。

シャンソン歌手のクレオは、自らのがんの疑いに怯えていた。診断結果を待つ間、彼女はパリの街中をあてどなく彷徨う。今は5時。7時には医師と会う約束をしている。クレオは友人や見知らぬ人々と出会い、死について考えをめぐらせるのだった。

見どころ
大病ではないかと不安を抱えるヒロインの2時間の心模様を描いた、ヌーヴェル・ヴァーグらしさあふれる名作。音楽提供のミシェル・ルグランは出演もし、演奏する姿を披露。
ジャンル 公開 製作年
ドラマ 日本初公開:1963年5月24日
2020年2月23日
1961年
制作国 上映時間 映倫
フランス 90分

キャスト・スタッフ

出演
コリンヌ・マルシャン/アントワーヌ・ブルセイエ/アンナ・カリーナ/ジャン=クロード・ブリアリ/エディ・コンスタンティーヌ/サミー・フレイ/ミシェル・ルグラン/ダニエル・ドロルム/セルジュ・コルベール

監督 アニエス・ヴァルダ
音楽 ミシェル・ルグラン
脚本 アニエス・ヴァルダ

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス

ゲオTV
ゲオTV
月額980円(税込) お試し初回14日間無料
ゲオTV980 映画・お笑い・アイドル・R18♥…見放題!