甲子園で流れるあの歌は、野球を諦めたひとりの男の筆先から生まれた

今年夏、第100回記念大会を迎える高校野球選手権。大会歌は「栄冠は君に輝く」の作詞は、加賀大介(石川県根上町出身)でした。大介は1914年に中村義雄として、農家に生まれました。16歳の時、裸足で野球をしていて、右足指先をけが。治療を怠ったことで、右ひざから切断することになる。絶望の淵に落ちた義雄は、やがて文芸の道を目指し、”投稿生活”を始めたのです。「加賀野短歌会」を主宰し、昭和20年太平洋戦争が終わり、戦後民主主義のなか、演劇活動を始める。そのころ、運命の女性が登場します。それは高橋道子で、加賀野短歌会に参加。昭和23年6月、学制変更により第30回高等学校野球選手権大会に因み、大会歌の作詞が公募された。5,252編の中から選ばれたのは、加賀大介(のちに改名)の書いた「栄冠は君に輝く」だった。小説家を目指した大介は、志半ばの昭和48年、がんのために死去。この映画は70年間歌い継がれた「栄冠は君に輝く」の誕生秘話と大介と家族の物語です。
見どころ
今も甲子園で歌い継がれる「栄冠は君に輝く」の誕生秘話を描いたドラマ。悲運にも負けず懸命に生きた主人公と彼を支える家族の愛情、そして加藤登紀子の歌声が胸にしみる。
ジャンル 公開 製作国
ドラマ/ヒューマン 2018 日本
上映時間 映倫
90分

キャスト・スタッフ

出演 松崎謙二/渡辺梓
監督 稲塚秀孝

視聴者評価

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス