天才芸術家とその絵画のモデルとなった男の衝撃的で笑劇的な知られざる18日間

没後50年を過ぎてなお、長く縦に引き延ばされたような人物のブロンズ像が強烈な印象を残す、スイス出身の芸術家アルベルト・ジャコメッティ。2017年夏、東京の国立新美術館で11年ぶりに開催された大回顧展「ジャコメッティ展」が、約2ヶ月半の開催期間中におよそ14万人の観客を動員したことも記憶に新しいだろう。ジャコメッティは彫刻家と分類されるが、実は日常的にデッサンを描き、肖像画などの油彩作品の制作も精力的に行っていた。“見えるものをそのままに”を信条に、時間を惜しんでアトリエに籠もり、いったん作った作品を壊すことに躊躇がなかったと伝えられている。妥協なき精神の持ち主だった天才の素顔とは?

1964年、パリ。個展が始まったばかりのジャコメッティがアメリカ人の作家で美術評論家のロードに、「肖像画のモデルになってほしい」と声を掛けた。憧れの作家直々の指名に名誉と好奇心を感じたロードは、2日あれば終わるとの言葉を信じてイポリット=マンドロン通り46番地にある巨匠のアトリエへ向かった。ところが、愛人カロリーヌの突撃訪問やジャコメッティのスランプもあり、セッションを重ねても肖像画は進まない。いつになったら肖像画は完成するのか。本能と信念のままに生きるジャコメッティのすべてを記しながら、ロードは不安に駆られていた。

肖像画はいつ、どのように完成したのか? 彫刻の天才を見る目が一変するほどに、衝撃的で笑劇的な18日間のセッションを目撃せよ!

パリ、1964年。個展が始まったばかりのアルベルト・ジャコメッティはアメリカ人作家で友人のロードに、「肖像画のモデルになってほしい」と声を掛ける。ロードは、彼の「2日で描き上げる」との言葉を信じて、アトリエへ向かった。作家であるロードにとって、巨匠の仕事を間近で見られるチャンスと張り切るが、18日にも及ぶ地獄のセッションになるとは予想もしていなかった。当時すでに名声を得ていたジャコメッティだが、自宅兼アトリエは狭く汚く古びており、そこに妻のアネットと右腕的存在の弟ディエゴの3人で暮らしている。アトリエに乱雑に置かれた未完成の作品の数々に圧倒されるロードを気にも留めず、ジャコメッティは真っ白なカンバスをイーゼルに立てかけ、たばこをくわえながら描き始めた。「肖像画とは決して完成しないものだ」と不吉な言葉を発しながら…。

見どころ
描くほどに苦悩し暴発する芸術家、アルベルト・ジャコメッティと、彼に翻弄される肖像画のモデル、ジェイムズ・ロードの奇妙な関係をスタンリー・トゥッチ監督が再現。

ここがポイント!
主演は『シャイン』のジェフリー・ラッシュ。

キャスト・スタッフ
出演
(アルベルト・ジャコメッティ)ジェフリー・ラッシュ
(ジェイムズ・ロード)アーミー・ハマー
(カロリーヌ)クレマンス・ポエジー
(ディエゴ・ジャコメッティ)トニー・シャルーブ
(アネット・ジャコメッティ)シルヴィー・テステュー
監督
スタンリー・トゥッチ
原作
ジェームズ・ロード
音楽
エヴァン・ルーリー
脚本
スタンリー・トゥッチ
製作
ゲイル・イーガン
ニック・バウアー
イラン・ジラール

VODサイト 配信状況

U-NEXT
ビデオマーケット
dTV
Amazon Prime Video
Hulu
mieru-TV
TSUTAYA TV
auビデオパス
FODプレミアム
dTVチャンネル
DMM見放題chライト
dアニメストア
ゲオTV

※各サイトにて配信スケジュールをご確認ください。