『おんなのこきらい』の加藤綾佳監督が、地元・新潟を舞台に描く“ご飯と家族の物語”

視聴者評価
いつも月夜に米の飯
人が一生のうちに食べられるごはんの数はだいたい9万回。
その中で何回、大切な人と一緒にごはんを食べることができるのだろう?
ごはんをひとりで寂しく食べるのは何回あるのだろう?
最後に食べるものはいったいどんなごはんで、誰がつくってくれるのだろう?母親と離れて暮らす女子高生の千代里(山田愛奈)の元に、地元の新潟で小料理屋を切り盛りしている母親・麗子(高橋由美子)が突如失踪したと連絡が入る。地元に帰った千代里は残された料理人であるアサダ(和田聰宏)と母の代わりに一緒に働くことになる。母との確執によって閉ざされていた千代里の心は、アサダや店にやってくる客との交流から少しずつ開かれていく。同時にアサダの人柄と彼の作る料理に惹かれていくのは自然のことだった。しかし、そこに突然、母が帰ってきて―――。
見どころ
モデルとしても活躍する山田愛奈の映画初主演作。母親の失踪を機に、新潟で小料理屋の女将をやることになった娘の奮闘と成長を「恋愛×家族×ごはん」をコンセプトに描く。
ジャンル 公開 製作国
ドラマ 2018 日本
上映時間 映倫
104分 PG12

キャスト・スタッフ

出演
(常盤千代里)山田愛奈/(アサダ)和田聰宏/(常盤麗子)高橋由美子/(瑛一)渡辺佑太朗/春花/MEGUMI/西山宏幸/森下能幸/マッスル坂井/飯田孝男

監督 加藤綾佳
音楽 百瀬巡
脚本 加藤綾佳

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス