「絵の中のぼくの村」などで知られる映画監督・東陽一を捉えたドキュメンタリー。

視聴者評価
現在地はいづくなりや 映画監督 東陽一
東陽一 1934年生まれ。長編第一作はドキュメンタリー作品「沖縄列島」(69)。初の長編劇映画「やさしいにっぽん人」(71)で日本映画監督協会新人賞を受賞。「サード」(78)でキネマ旬報ベストワン、芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞し、映画監督としての地歩を固めた。その後、桃井かおり主演の「もう頰づえはつかない」(79)、烏丸せつこ主演の「四季・奈津子」(80)、田中裕子主演「ザ・レイプ」(82)など女性の美と生を巧みに描いた快作で高い評価を得る。「橋のない川」(92)では観客動員200万人を超えるヒットを記録。続く「絵の中のぼくの村」(96)でベルリン国際映画祭銀熊賞など国内外で数多くの賞を受賞。石原さとみ・菅原文太主演「わたしのグランパ」(03)ではモントリオール世界映画祭最優秀アジア映画賞、浅野忠信・永作博美主演「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(10)で日本映画批評家大賞監督賞を受賞した。最近作に常盤貴子・池松壮亮主演「だれかの木琴」(16)がある。
ジャンル 公開 製作年
ドキュメンタリー 2020年2月22日 2020年
制作国 上映時間 映倫
日本 94分 G

キャスト・スタッフ

出演
東陽一/常盤貴子/烏丸せつこ/緑魔子/安藤紘平

監督 小玉憲一
編集 小玉憲一

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス

TSUTAYA TV
TSUTAYA TV
月額2,417円(税抜) ※他プランへの変更可 初回30日間無料
動画見放題対象作品は10,000タイトル以上+宅配レンタルサービス