蒸発した母を訪ね歩く男が、出会いを重ねながら成長していく姿を描いたロードムービー

10年間引きこもっていた男が、蒸発した母親を訪ね歩くうちにたくさんの人と出会って成長していく姿を追う。

ロードムービーが群像劇と絡み合い魅力を生み、現代社会のどこにでもある場所《東京の辺縁=TOKYO OUTSKIRTS(本作英題)》の問題点を浮き彫りにする。ぴあフィルムフェスティバル2005で準グランプリを受賞し、実験的な接写の多用による特徴的なラブストーリー映画「トロイの欲情」やロバート主演「レトロの愛情」などで知られる、岡太地監督の最新長編映画である。映画専門学校「ENBUゼミナール」の俳優ワークショップ「シネマプロジェクト」の第6弾作品として製作され、みずみずしい新人俳優たちの演技が炸裂している。ゲスト俳優として主軸となるサトシを金子岳憲(『友だちのパパが好き』)。脇をベテラン川瀬陽太(『羊の木』『anone』)が支え、人間ドラマを色濃くしている。

一軒家で引きこもり生活を続け、酒とゲームに溺れていた40歳のサトシ(金子岳憲)。しかし、ある日、ずっと面倒を見てくれていた母親が家出してしまったことから、サトシは母の足取りを追って埼玉県川越市から東京の池袋まで続く道をキックボードで進むが、謎の幻影ボルト(古賀勇希)に襲われる。川越街道の途中の新座エリアにある倉庫会社に勤めるソノコ(小西麗)はジン(金田侑生)に言い寄られる日々の中、粗暴な先輩女性ホノカ(末延ゆうひ)に救いを求める。アクション女優を夢見るミナミ(さほ)は、小説家志望のダイスケ(川島信義)と下赤塚エリアで二人暮らし。ダイスケの新人賞締め切りが近いのに夜中まで部屋でアクションの練習を続けるミナミに初めは優しいダイスケだが……。バイク屋の店員ケンジ(青坂匡)は、彼女のタカミ(小畑はづき)について店長のマサヒロ(南部映二)に言いたいことがある。池袋西口公園で生きる意味を語る池袋詩人ケイタ(横須賀一功)とその新たな恋人セナ(笹原万容)。そしてサトシの旧知の男タチカワ(川瀬陽太)とその部下キョウコ(桑名悠)。タチカワを見かけたサトシは、その背中を追っていく。

見どころ
泥臭い雰囲気を出しつつ、隙を突くように笑わせてくる展開が魅力的。さまざまな人が行き交う街道を舞台に、出会う人物を色濃く描いていく群像劇の要素も強い。

ここがポイント!
映画専門学校「ENBUゼミナール」主催のシネマプロジェクト第6弾作品。なお話題作『カメラを止めるな!』は同プロジェクトの第7弾作品になる。

川越街道

キャスト・スタッフ
出演
金子岳憲/古賀勇希
監督 岡太地

川越街道

VODサイト 配信状況

U-NEXT 1ヵ月無料/月額1990円(税抜)
ビデオマーケット 最大1ヶ月無料/月額500~980円(税抜)
dTV 1ヵ月無料/月額500円(税抜)
Amazon Prime Video  30日間無料/月額400円(税抜)
Hulu 14日間無料/月額933円(税抜)
mieru-TV 最大1ヶ月無料/月額900円(税抜)
TSUTAYA TV 1ヶ月無料/月額933円(税抜)
auビデオパス 30日間無料/月額562円(税抜)
FODプレミアム 1ヵ月無料/月額888円(税抜)
dTVチャンネル 1ヶ月無料/月額780円(税抜)
DMM見放題chライト 2週間無料/月額540円(税込)
dアニメストア 31日間無料/月額400円(税抜)
ゲオTV 14日間無料/月額980円(税込)

※最新の配信スケジュールは各サイトにて確認をお願いします。

川越街道