東日本大震災を経て、岩手、宮城、福島に生きる人々を追った心温まるドキュメンタリー

一陽来復の春、すべての人に知ってもらいたい鎮魂と再生の物語
季節は移り、景色も変わる。人々の暮らしも変わった。
6年間の日常の積み重ねから発せられる言葉と、明日に向けられたそれぞれの笑顔。

2011年3月11日の東日本大震災から6年あまり。震災によって甚大な被害を受けた宮城県石巻市・南三陸町、岩手県釜石市、福島県川内村・浪江町の各地では、多くの人が喪失感や葛藤を抱えながら、新しい一歩を踏み出している。
3人の子供を失った場所に、仲間のための集会スペースを作った夫婦。津波の後にもたらされた海の恵みに気づき、以前とは異なる養殖を始めたカキ漁師。震災を風化させないために語り部となったホテルマン。写真の中で生き続けるパパと、そろばんが大好きな5歳の少女。全村避難の村で田んぼを耕し続けた農家。電力会社との対話をあきらめない商工会会長。被爆した牛の世話を続ける牛飼い。

カメラは「復興」という一言では括ることのできない、一人ひとりの確かな歩みを自然豊かな風景とともに映し出す。

本作品では、岩手・宮城・福島の被災3県で生きる市井の人々の姿を通じて東北、引いては日本の現在を包括的に捉えた初のドキュメンタリー。多岐にわたる登場人物やストーリーの根底には生命の賛歌が流れている。監督は、NHKドキュメンタリー番組制作や『サンマとカタール 女川つながる人々』などのプロヂューサーを経て、本作が初監督となるユンミア。「東日本大震災の衝撃と悲しみは世界中の人々に伝播したが、その後生まれたたくさんの小さな希望や幸せを伝えたい」という一心で東北の各地に通い、取材を続けた。また、東北に縁が深く、継続的な復興支援活動で知られる藤原紀香と山寺宏一がナレーションを務める。

見どころ
「復興」のひと言では括れない、東北の各地で生活する人々の想いと再生の現状を映し出す。手探りで前進しようとする人たちの姿から、強さや優しさ、希望が感じられる。

ここがポイント!
「一陽来復」とは、冬が去り春が来ること、悪いことが続いた後にようやく物事が良い方向に向かうことをいう。

キャスト・スタッフ
監督
ユン・ミア
音楽
井内竜次

VODサイト 配信状況

U-NEXT 1ヵ月無料/月額1990円(税抜)
ビデオマーケット 最大1ヶ月無料/月額500~980円(税抜)
dTV 1ヵ月無料/月額500円(税抜)
Amazon Prime Video  30日間無料/月額400円(税抜)
Hulu 14日間無料/月額933円(税抜)
mieru-TV 最大1ヶ月無料/月額900円(税抜)
TSUTAYA TV 1ヶ月無料/月額933円(税抜)
auビデオパス 30日間無料/月額562円(税抜)
FODプレミアム 1ヵ月無料/月額888円(税抜)
dTVチャンネル 1ヶ月無料/月額780円(税抜)
DMM見放題chライト 2週間無料/月額540円(税込)
dアニメストア 31日間無料/月額400円(税抜)
ゲオTV 14日間無料/月額980円(税込)

※最新の配信スケジュールは各サイトにて確認をお願いします。