90歳の気難しい現実主義者が人生の終盤で悟る、「死とは何か」

銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。
「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない ―
神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。子供の頃怖かった暗闇、去っていった100歳の亀、“エサ”として売られるコオロギ ― 小さな町の、風変わりな人々との会話の中で、ラッキーは「それ」を悟っていく。

現実主義で一匹狼、すこし偏屈なラッキーを演じるのは、2017年9月に亡くなったハリー・ディーン・スタントン。名バイプレイヤーとして知られるジョン・キャロル・リンチが、全ての者に訪れる人生の終わりについて、スタントンの人生になぞらえて描いたラブレターともいえる初監督作品である。また、ラッキーの友人役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。実際、長きにわたる友人である彼らを当て書きした脚本は哲学的で示唆に富んでおり、彼らの”素”を思わせるやりとりを見ることができる。

神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。ヨガを5ポーズ、21回こなしたあと、テンガロンハットをかぶり、行きつけのダイナーにでかけることを日課としている。店主のジョーと無駄話をかわし、ウェイトレスのロレッタが注いでくれたミルクと砂糖多めのコーヒーを飲みながら新聞のクロスワード・パズルを解くのがラッキーのお決まりだ。そして帰り道、理由は分からないが、植物が咲き乱れる場所の前を通る際に決まって「クソ女め」とつぶやくことも忘れない。ある朝、突然気を失ったラッキーは人生の終わりが近づいていることを思い知らされ、初めて「死」と向き合うが・・・

見どころ
『パリ、テキサス』の名優、ハリー・ディーン・スタントンの最後の主演作。スタントンの人生がこの映画ににじみあふれていて、自分のあるべき姿について考えさせられる。

ここがポイント!
ジョン・キャロル・リンチの初監督作。ラッキーの友人役として、映画監督のデヴィッド・リンチが出演。

キャスト・スタッフ
出演
(ラッキー)ハリー・ディーン・スタントン
(ハワード)デヴィッド・リンチ
(ボビー・ローレンス)ロン・リヴィングストン
エド・ベグリー・Jr
トム・スケリット
ジェームズ・ダーレン
(ジョー)バリー・シャバカ・ヘンリー
ベス・グラント
イヴォンヌ・ハフ・リー
ヒューゴ・アームストロング
監督
ジョン・キャロル・リンチ
音楽
エルヴィス・キーン
脚本
ローガン・スパークス
ドラゴ・スモンジャ
製作
ダニエル・レンフルー・ベアレンズ
アイラ・スティーヴン・ベール
リチャード・カーハン
グレッグ・ギルレス
アダム・ヘンドリックス
ジョン・ラング
ローガン・スパークス
ドラゴ・スモンジャ

VODサイト 配信状況

U-NEXT
ビデオマーケット
dTV
Amazon Prime Video
Hulu
mieru-TV
TSUTAYA TV
auビデオパス
FODプレミアム
dTVチャンネル
DMM見放題chライト
dアニメストア
ゲオTV

※各サイトにて配信スケジュールをご確認ください。