親がなぜかわが子を殺したくなってしまう不条理スリラー

本作の主演を務めるのは言わずと知れたハリウッドのトップスター、ニコラス・ケイジ!『リービング・ラスベガス』でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、演技派俳優としての地位を確立すると同時に、『ザ・ロック』『コン・エアー』『ナショナル・トレジャー』シリーズなどの超大作ではアクションスターとしても超一流であることを見せつけた唯一無二の存在。そんな彼をして「ここ十数年に出演した作品の中で一番気に入っている作品」と言わしめたのが本作『マッド・ダディ』。ある日突然世の中の親たちが自分の子どもにだけ殺意を向け襲い始める、という衝撃的な物語の中、ニコラス演じるブレントもまた愛する我が子を殺害するためにノンストップで暴れまわります。これはもはや、演技派かつ肉体派でもあるニコラス・ケイジの魅力と狂気を最大限に引き出すために用意された作品と言っても過言ではない。そして、ギレルモ・デル・トロ監督の出世作『ヘルボーイ』シリーズでヒロインを務め上げたセルマ・ブレアがブレントの妻ケンダルを演じるほか、『フィフス・ウェイブ』でクロエ・グレース・モレッツの弟を健気に演じた注目の子役ザカリー・アーサーや、『エイリアン』シリーズのランス・ヘンリクセンら実力派キャスト陣が脇を固めている。さらに、監督は同じくエクストリームな設定が大きな話題となった『アドレナリン』などで知られる鬼才ブライアン・テイラー。『ゴーストライダー2』以来となるニコラス・ケイジとのタッグでブラックな笑いとヴァイオレンス、そして愛と狂気に満ちた、未だかつて誰も見たことのない傑作スリラーを作り上げた!

それはブレント(ニコラス・ケイジ)にとっていつもと変わらない朝だった。いつもと変わらない日常。若い頃に思い描いていたのとは全く違う冴えない日常だけど、結婚して十数年、2人の子供にも恵まれ「幸せなんだ、コレでいいんだ」と自分に言い聞かせて暮らしている。いつものように会社へ行きダラダラと仕事をこなしていたが、その日のテレビはいつもと違っていた。親が実の子供を殺害したという陰惨なニュースがひっきりなしに報じられているのだ。国中がパニック状態に陥る中、愛する子どもたちの身を案じるブレントは、仕事を早退して帰宅。良かった、子供たちは無事だ。しかし、愛しい我が子の顔を見た瞬間、彼の中で何かがはじけ飛ぶ――。この子たちを殺さなければ!!ブレントは正体不明の殺意に突き動かされてゆく!

見どころ
『ゴーストライダー2』のブライアン・テイラー監督とニコラス・ケイジが再びタッグ。ホラー色を強調するのではなく、どこか軽妙な筆致がカオスを醸し出している。

キャスト・スタッフ
出演
(ブレント)ニコラス・ケイジ
セルマ・ブレア
アン・ウィンターズ
ザカリー・アーサー
ランス・ヘンリクセン
監督
ブライアン・テイラー
脚本
ブライアン・テイラー
製作
クリス・ルモール
ティム・ザジャロフ
ブライアン・テイラー

VODサイト 配信状況

U-NEXT ○2019年12月4日 23:59まで配信
ビデオマーケット
dTV
Amazon Prime Video
Hulu
mieru-TV
TSUTAYA TV
auビデオパス
FODプレミアム
dTVチャンネル
DMM見放題chライト
dアニメストア
ゲオTV

※各サイトにて配信スケジュールをご確認ください。