『横道世之介』の沖田修一監督が山崎努と樹木希林を主演に迎えたヒューマンドラマ

視聴者評価
モリのいる場所
名優・山崎努が主演を務め、『横道世之介』などの沖田修一と『キツツキと雨』以来に組んだドラマ。亡くなるまでのおよそ30年にわたり、庭の動植物を観察して描き続けた洋画家・熊谷守一をモデルに、晩年のある夏の1日を描く。山崎に熊谷のことを聞き、老画家を主人公にしたオリジナルストーリーを作り上げた沖田の脚本と演出、自身が敬愛する画家にふんする山崎の演技に期待が高まる。

画家の守一(山崎努)は、草木が生え、いろいろな種類の生きものが住み着く自宅の庭を眺めることを30年以上日課にしていた。妻と暮らす守一の家には、守一の写真を撮る若い写真家の藤田、看板を描いてもらおうとする温泉旅館の主人、隣人の夫婦など、来客がひっきりなしだった。

見どころ
円熟の夫婦を演じる2人の名優、山﨑努と樹木希林は本作が初共演。2017年に没後40年の節目を迎え、再注目を集める画家・熊谷守一と妻の日常がユーモラスに綴られる。
ジャンル 公開 製作国
ドラマ/伝記/アート 2018 日本
上映時間 映倫
99分 G

キャスト・スタッフ

出演(熊谷守一)山崎努/(熊谷秀子)樹木希林/(藤田武)加瀬亮/(鹿島公平)吉村界人/(朝比奈)光石研/(岩谷)青木崇高/(水島)吹越満/(美恵ちゃん)池谷のぶえ/(荒木)きたろう/(昭和天皇)林与一

監督 沖田修一
音楽 牛尾憲輔
脚本 沖田修一
製作 新井重人川城和実/片岡尚/鷲見貴彦/宮崎伸夫/佐竹一美

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス