ナチスの収容所で実際に起こった前代未聞の脱出劇を映画化

第2次世界大戦下、アウシュビッツと並ぶ収容所ソビボルで実際に起きた武装蜂起を描いた脱出劇。1943年10月14日、何百人もの収容者たちが、大規模な脱走計画に挑む様子をスリリングに活写する。『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』などに出演している俳優のコンスタンチン・ハベンスキーがメガホンを取り、主演も務めた。『ハイランダー』シリーズなどのクリストファー・ランバート、『ゆれる人魚』などのミハリーナ・オルシャインスカらが共演。

アウシュヴィッツと並ぶ絶滅収容所ソビボル。死が待つとは知らず、多くのユダヤ人が国籍や貧富の差関係なく列車で送り込まれ、ガス室で大量殺戮されていった。残った者には虐待と屈辱の日々が続く。そんな中、秘かに脱出を企てるグループがあった。しかし彼らには強力なリーダーがいない。そこに1943年9月、ソ連の軍人でサーシャことアレクサンドル・ペチェルスキーが収容者として移されてくると、彼と仲間は、緻密な計画のもと前代未聞の反乱を計画する。それは収容者“全員の脱出”だった。これまで歴史に隠されてきた“絶滅収容所で起こった最大の反乱”は、一体どのように成し遂げられたのか。

見どころ
ロシアとしては珍しくホロコーストを題材にした本作。『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』のコンスタンチン・ハベンスキーの監督デビュー作で、脚本・主演も務めた。

キャスト・スタッフ
出演
(アレクサンドル・ペチェルスキー(サーシャ))コンスタンチン・ハベンスキー
(カール・フレンツェル)クリストファー・ランバート
(ハンナ)ミハリーナ・オルシャニスカ
(ルカ)フェリス・ヤンケル
ダイニウス・カズラウスカス
マリヤ・コジェフニコヴァ
セルゲイ・ゴージン
監督
コンスタンチン・ハベンスキー
音楽
クズマ・ボドローヴ
脚本
アレクサンドル・アダバシャン
アンドレイ・ナザロフ
アンナ・チェルナコヴァ
製作
エルミラ・アイヌローヴァ
グレブ・フィティソフ
マリヤ・ズロムスカヤ

VODサイト 配信状況

U-NEXT ○2020年2月1日 23:59まで配信
ビデオマーケット
dTV
Amazon Prime Video
Hulu
mieru-TV
TSUTAYA TV
auビデオパス
FODプレミアム
dTVチャンネル
DMM見放題chライト
dアニメストア
ゲオTV

※各サイトにて配信スケジュールをご確認ください。