爆弾テロ事件で両脚を失った1人の男の光と影を描いた真実の物語

世界的に有名なテロ事件にまつわる実話の映画化
2013年4月15日に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。3人が死亡、282人が負傷※した凄惨な事件の被害者で、犯人の目撃者となり、テロリストに屈しない“ボストン ストロング”精神を象徴する存在として賞賛されるようになったひとりの男がいた。元彼女の愛情を取り戻すために駆けつけた会場で爆発に遭い、両脚を切断する悲劇に見舞われた27歳のジェフ・ボーマンだ。ただしこの男、仕事もろくにできず約束も守れないちょっとダメな男。人々からヒーローとして讃えられながらも、肉体を失った悲しみや未熟な自分とのギャップにもがき、人知れず苦悩していた。そんな彼を支えたのは、愛する家族や恋人、友人や命の恩人たちの存在。絶望の淵にいた男がいかにして自分の足で立ち上がり、本当の意味での強さを手に入れていったのか。これは、実在のジェフ・ボーマンが自ら綴った回顧録を基に、皮肉やユーモアを交えて描いた真実の物語。人間くさい“フツウの男”の愛と再生のドラマは、誰もが共感せずにいられないはずだ。過剰にドラマチックに描くことを避けたリアルな世界観も必見。ボストンは市を挙げて撮影に協力し、レッドソックスの本拠地、フェンウェイパークでの撮影も実現。エキストラの80%は地元の人々を採用し、ジェフの担当だった医師や看護師、義足技師も出演するなど、物語にボストンへの愛と圧倒的なリアリティを与えている。

ボストンで暮らしていたジェフ・ボーマンは、元恋人エリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するボストンマラソンの応援に駆けつけるが、ゴール地点付近で発生した爆弾テロに巻き込まれ、両脚を失う大ケガを負ってしまう。意識を取り戻したボーマンは警察に協力し、ボーマンの証言をもとに犯人が特定されると一躍ヒーローとして脚光を浴びるが……。

見どころ
2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件の被害者が自ら綴った回顧録をもとに、皮肉やユーモアを交えて描かれた愛と再生のドラマは、誰もが共感せずにいられない。

ここがポイント!
主演は実力派俳優のジェイク・ギレンホール。監督はデヴィッド・ゴードン・グリーン。

キャスト・スタッフ
出演
(ジェフ・ボーマン)ジェイク・ギレンホール
(エリン・ハーリー)タチアナ・マズラニー
(パティ・ボーマン)ミランダ・リチャードソン
(ビッグ・ジェフ)クランシー・ブラウン
カルロス・サンス
リチャード・レイン・Jr
フランキー・ショウ
ジミー・ルブランク
パティ・オニール
ダニー・マッカーシー
監督
デヴィッド・ゴードン・グリーン
原作
ジェフ・ボーマン
ブレット・ウィッター
音楽
マイケル・ブルック
脚本
ジョン・ポローノ
製作
トッド・リーバーマン
デヴィッド・ホバーマン
ジェイク・ギレンホール
ミシェル・リトヴァク
スコット・シルヴァー

VODサイト 配信状況

U-NEXT ○2019年10月2日 23:59まで配信
ビデオマーケット
dTV
Amazon Prime Video
Hulu
mieru-TV
TSUTAYA TV
auビデオパス
FODプレミアム
dTVチャンネル
DMM見放題chライト
dアニメストア
ゲオTV

※各サイトにて配信スケジュールをご確認ください。