デニス・ホッパーがデニス・ホッパー本人を演じた異色のドキュメンタリー。

視聴者評価
The American Dreamer
「イージー★ライダー」で一躍脚光を浴びたホッパーは、監督第2作として「映画とは何か」を鋭く問いかける問題作「ラストムービー」の製作を開始。ピーター・フォンダら豪華キャストを起用してペルーの山村で撮影したフィルムをニューメキシコ州のD・H・ロレンスの元別荘に持ち込み、1年以上かけて編集作業に没頭。そこへドキュメンタリー映画を撮りにやって来たのが、フォトジャーナリストのローレンス・シラーと「パリ、テキサス」などの脚本家L・M・キット・カーソンだった。しかしホッパーはドキュメンタリー映画を作ることを拒否し、代わりに「『ラストムービー』を作っているデニス・ホッパーを、デニス・ホッパー自身が演じる映画」を提案した。
ジャンル 公開 製作年
ドキュメンタリー 2020年2月1日 1971年
制作国 上映時間 映倫
アメリカ 81分

キャスト・スタッフ

出演 デニス・ホッパー
監督 ローレンス・シラー/L・M・キット・カーソン
脚本 ローレンス・シラー/デニス・ホッパー

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス

U-NEXT
U-NEXT(ユーネクスト)
月額1,990円(税抜) 無料お試し31日間
14万本以上が見放題、雑誌70誌以上が読み放題