スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスの共演で贈る実録社会派ドラマ

視聴者評価
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを主演に迎え、時の政権に屈することなく言論の自由を守るために戦ったジャーナリストたちの矜持と覚悟を描いた社会派実録ドラマ。ニクソン政権下で機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”を公開し、ベトナム戦争の欺瞞を暴き出したワシントン・ポスト紙に焦点を当て、就任したばかりの女性発行人キャサリン・グラハムが、政府を敵に回し、経営危機を招く危険を冒してでも記事にすべきかという重い決断を下すまでの葛藤の行方を描き出す。

ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に不都合な事実が記載された最高機密文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ記事を発表する。アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に記事の差し止め命令を要求する。タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙のワシントン・ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが文書の入手に奔走する。やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、それを公表すれば裁判となって会社の将来を危うくしかねず、経営と報道のはざまで社内の意見は大きく二分する。そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形でいきなりアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたのだったが…。

ジャンル 公開 製作国
ドラマ/サスペンス/伝記 2018
上映時間 映倫
116分 G

キャスト・スタッフ

出演
(キャサリン・グラハム)メリル・ストリープ/(ベン・ブラッドリー)トム・ハンクス/(トニー・ブラッドリー)サラ・ポールソン/(ベン・バグディキアン)ボブ・オデンカーク/(フリッツ・ビーブ)トレイシー・レッツ/(アーサー・パーソンズ)ブラッドリー・ウィットフォード/(ラリー・グラハム・ウェイマウス)アリソン・ブリー/(ロバート・マクナマラ)ブルース・グリーンウッド/(ダニエル・エルズバーグ)マシュー・リス

監督 スティーヴン・スピルバーグ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
脚本 リズ・ハンナ/ジョシュ・シンガー
製作 エイミー・パスカル/スティーヴン・スピルバーグ/クリスティ・マコスコ・クリーガー

※配信スケジュール等は、動画配信サイトにて確認してください。

おすすめ動画配信サービス

DAZN(ダゾーン)
月額1,750 円(税抜) お試し初回1ヵ月無料
130以上のスポーツコンテンツ&年間10,000試合以上が見放題