「1年後、彗星が落ちる」と発表された東京で生きる兄弟を描いたショートフィルム

もしも突然「1年後、東京に彗星が落ちる」と発表されたら。

いつか必ずやってくる首都直下大地震への不安を大胆にサイエンス・フィクションへと置き換え、せつない兄弟の絆と共に描く衝撃の短編映画『東京彗星』が、ついにベールを脱ぐ。短編映画の制作から配給までをサポートするスカラシッププロジェクト MOON CINEMA PROJECTの第2回グランプリ企画である本作は、CMディレクターとして活動する洞内広樹が自身で企画・脚本・監督を手がけた。CM界のスタッフと映画界のスタッフが集結し完成した本作は、CMのようにスタイリッシュでスピーディでありながら、映画のドラマチックさを併せ持つ、まさにハイブリッド・クオリティ短編映画だ。彗星災害を避けて学童疎開させられる弟・ショウ役で、映画『ぼくのおじさん』やドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 』の大西利空が初主演。絶望から這い上がっていく兄ソラ役には若手俳優の中でも屈指の演技力を持つ篠田諒。そしてショウと出会う謎のトラックドライバー役は、普段は銀座にあるバー 「HOLD ON」のマスターであり、総合格闘技の経験も豊富な謎の新人、榎本”CHAMP”光永が演技初挑戦にもかかわらず見事に演じきっている。短編映画に収まらない壮大なスケールで30分間を一気に駆け抜ける、ドキュメンタリック・サイエンス・フィクションを見逃すな。

2021年、東京。親のいない少年ショウ(10)は、兄ソラ(20)とふたりで小さなアパートで暮らしていた。ある日、東京に地震が。ショウは心配して仕事中のソラに電話するが、そっけない。ソラは仕事をクビになっていた。そんななか、突如「1年後、東京に彗星が落ちる」というニュースが発表される。都民は次々と避難していき、不動産相場も暴落、治安も悪化。どんどん人が去っていく首都・東京で職も希望も、生きる気力も失ったソラは、ショウだけを学童疎開で岩手に送ると言う。一緒に避難しようと譲らないショウはソラとケンカしたまま、政府の手配でひとり岩手へ避難する。兄ソラと連絡が取れくなったまま数ヶ月が過ぎた頃、疎開施設のショウの部屋に、東京から新しい子供がやってくる。彼が混乱する東京で家族を失ったことを知ったショウは、たったひとりの家族である兄を助けるため東京へ向かおうと、深夜の路上へ。果たしてショウは、兄と再会し一緒に逃げることができるのか。東京彗星衝突まで、あと7日…。

見どころ
CMディレクターとして活躍する洞内広樹が企画から監督、脚本まで担当した。現実に起こり得る物語とCMのような画作りが合わさって、メッセージ性を際立たせている。

キャスト・スタッフ
出演
(ショウ)大西利空
(ソラ)篠田諒
榎本”CHAMP”光永
監督
洞内広樹
脚本
洞内広樹

VODサイト 配信状況

U-NEXT 1ヵ月無料/月額1990円(税抜)
ビデオマーケット 最大1ヶ月無料/月額500~980円(税抜)
dTV 1ヵ月無料/月額500円(税抜)
Amazon Prime Video  30日間無料/月額400円(税抜)
Hulu 14日間無料/月額933円(税抜)
mieru-TV 最大1ヶ月無料/月額900円(税抜)
TSUTAYA TV 1ヶ月無料/月額933円(税抜)
auビデオパス 30日間無料/月額562円(税抜)
FODプレミアム 1ヵ月無料/月額888円(税抜)
dTVチャンネル 1ヶ月無料/月額780円(税抜)
DMM見放題chライト 2週間無料/月額540円(税込)
dアニメストア 31日間無料/月額400円(税抜)
ゲオTV 14日間無料/月額980円(税込)

※最新の配信スケジュールは各サイトにて確認をお願いします。