3話「青年、留守にする。」


「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」に戻る