天才子役&実力派俳優陣の共演で描く時空を越えた壮大な人生ドラマ

『キャロル』などのトッド・ヘインズが監督を務め、『ヒューゴの不思議な発明』の原作などで知られるブライアン・セルズニックの小説を映画化。二つの時代を背景に、2人の子供が大事なものを取り戻す旅に出る様子を映し出す。子供たちを『ピートと秘密の友達』などのオークス・フェグリーと、本作が映画初出演で自身も聴覚障害のあるミリセント・シモンズが演じる。共演は『アリスのままで』などのジュリアン・ムーア、『マリリン 7日間の恋』などのミシェル・ウィリアムズら。

1977年、ミネソタ州ガンフリント。
12歳のベン(オークス・フェグリー)は、母エレイン(ミシェル・ウィリアムズ)を交通事故で亡くし、伯母の家で暮らしている。父とは一度も会ったことがなく、母は「いつか話すから」と言いながら、なぜか父の名前すら教えてくれなかった。ある嵐の夜、母の家に秘かに戻ったベンは、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つける。きっと父親のものだと直感して販売していた書店にかけようとした電話に、雷が落ち、耳が聞こえなくなってしまう。それでもめげないベンは、父親を探すためにニューヨークへと旅立つ。

1927年、ニュージャージー州ホーボーケン。
生まれた時から耳の聞こえないローズ(ミリセント・シモンズ)は、大きな屋敷に父と使用人たちと暮らしていた。支配的な父とは心が通わないローズにとって、女優のリリアン・メイヒュー(ジュリアン・ムーア)の映画を観て彼女の記事を集めることだけが心の支えだった。ある日、リリアンがニューヨークの舞台に出演すると知ったローズは、彼女に会いに行こうと決意し、ひとりで船に乗る。

1977年、父親が自然史博物館で働くジェイミーに、立ち入り禁止の資料室へと導かれるベン。
そこでベンは、母と“ダニー”の出会いにまつわる書類を発見する。果たして、ダニーがベンの父親なのか?彼は今どこで何をしているのか?その先には、ローズが鍵を握る、さらなる謎が待ち受けていた──。

見どころ
『キャロル』のトッド・ヘインズ監督が、2つの異なる時代を舞台に過酷な運命を背負った子供たちの冒険を描く。彼らの感じる驚きと不安、そして喜びが観る者の胸に響く。

キャスト・スタッフ
出演
(ベン)オークス・フェグリー
(ローズ)ミリセント・シモンズ
(リリアン・メイヒュー)ジュリアン・ムーア
(エレイン)ミシェル・ウィリアムズ
(ジェイミー)ジェイデン・マイケル
(ウォルター)トム・ヌーナン
(ウォルター)コーリー・マイケル・スミス
監督
トッド・ヘインズ
原作
ブライアン・セルズニック
音楽
カーター・バーウェル
脚本
ブライアン・セルズニック
製作
クリスティーン・ヴェイコン
ジョン・スロス

VODサイト 配信状況

U-NEXT ○2019年8月23日 23:59まで配信
ビデオマーケット
dTV
Amazon Prime Video
Hulu
mieru-TV
TSUTAYA TV
auビデオパス
FODプレミアム
dTVチャンネル
DMM見放題chライト
dアニメストア
ゲオTV

※各サイトにて配信スケジュールをご確認ください。